住宅ローンが支払いが・・・ 家族や自身の生活を守るためにも、住宅ローンを滞納してしまうことは避けたいことです。

しかし、ボーナスが突然カットされる、会社が突然倒産をしてしまうなど、予期せぬ状況で住宅ローンの支払いが滞ってしまった方も少なくありません。

その結果、自宅が競売にかけられてしまい、市場相場よりも低価格で買い叩かれてしまうケースが多く見受けられます。

任意売却は、どんな結果が出ても泣き寝入りをせざるをえない、競売を避けることができる方法。さらに、親族間売買などの方法を選ぶことによって、マイホームでは無くなっているものの、そのまま住み続けることも可能になります。

住宅ローン滞納で最悪のケースは、安い価格で住宅が買い取られ、多くの債務を残したまま、住まいを手放してしまうこと。

最初から滞納をしようと思っている人は、まずいません。しかし、支払いができなくなってしまったからには、現実を受け止め、最善の方法を早急に検討する必要があります。

最悪のケースを回避できるという点こそが、任意売却最大のメリットかもしれません。
任意売却メリット

任意売却の相談先の選び方

任意売却する。と、いっても、「いったいどこに相談をすればいいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

弁護士や司法書士などの法律関係事務所もあげられますが、費用面の心配もあります。また、住宅・ローン問題専門の事務所でなければ、相談する意味がありません。

住宅ローンの返済が滞納している場合には、速やかにハウジングサポートコーリューにご相談ください。 ポイントは、強制競売を避け「任意売却」に持ち込んで、少しでも有利な立場で交渉を進めることです。 最善の解決方法をご提案いたします。


ご相談は無料です
。 売買仲介手数料任意売却が成立した場合、通常の不動産売買の場合と同様、売却価格×3%+6万円(消費税別途)が必要になります。 売却代金から充当いたしますので、新たにご用意いただく必要はありません。
任意売却の際に発生する諸費用・経費原則として、無料です。 但し、ご本人だけが取得できる印鑑証明の取得費用や送料については、ご負担いただきます。
法的手続き・弁護士に依頼する場合問題を先延ばししたり交渉がこじれると、自己破産等の法的手続きや弁護士に依頼することが避けられなくなります。 このような場合、別途、弁護士費用等が必要になります。手遅れにならないように、早めにご相談ください

任意売却相談

 

全国3500社の不動産ネットワーク ミサワエムアールディー特約店